×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

乳腺症は乳腺が生理周期の時に痛む症状とされています。
乳がんとも症状が似ていることから、病院では乳がんの検査を主に行い乳がんでないと判明した時点で、乳腺症と診断されます。
乳腺が痛む症状は、基本的に女性の体の変化のいっかんとされているので病気ではないとされています。
このサイトでは、乳腺症になるしくみから検査、そして乳腺症の痛みの治療法法などを紹介します。



 

乳腺症とは?

乳腺症とは乳を分泌組織が痛む症状のことをいいます。

乳腺症の乳腺は20代ぐらいの若い時期には妊娠や出産に備えて、生理の時に乳房がはったりしますが、出産後の授乳時期が終わるにつれ歳をとると、乳腺は乳を分泌する役割を終えてだんだんと乳房に弾力がなくなり、閉経後には脂肪の組織へと変化していきます。
乳腺症の原因は乳をだす役割をおえたあとでも閉経まえの生理の時にはっている感じが乳房が痛みへとかわるもので、乳房の痛みが我慢できないほどの痛みや生理以外の時にも乳房が痛むものを乳腺症と呼びます。出産や授乳時期の女性には生理の時に多少の痛みがあるのは、一般的とされていて、痛みがひどかったり生理の時以外でも頻繁に痛みが続くのであれば乳腺症のうたがいがあると思います。

また乳腺症は乳房にしこりがある感じもするので、乳がんではないかと勘違いするケースもあります。乳腺症から乳がんへと発展するケースもあるみたいです。
まずは乳房に痛みがあるときやしこりを感じたときは、早めに病院で診察をしてもらうことをおすすめします。

症状
乳腺症の痛みの症状治療法
治療法
乳腺症の食事療法と漢方薬
検査
乳腺症と乳がんの主な検査

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加