×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳腺症と乳がんの主な検査

乳腺症は乳がんの症状と非常に似ているので、病院では乳がんも考慮しての検査になります。
検査は乳房のレントゲン撮影のマンモグラフィーや超音波検査、触診などがあります。
マンモグラフィーは一度経験してみるとわかるのですが、乳房をたてや横に押しつぶす感じなので、乳腺症などの痛みやしこりがない人でも乳房を押しつぶされる感じなどで結構痛みを感じます。乳房を押しつぶせるだけ押しつぶすので、痛みを感じない人はいないと思います。

マンモグラフィーや超音波検査で、だいたいが乳がんかどうかがわかるのですが、診断ができないこともあるみたいで、マンモグラフィーや超音波検査でわからない場合は細胞をとっても精密検査になることもあるみたいです。検査では乳がんではないことが診断されたあと乳腺の痛みやしこりの様子をみて乳腺症と診断されます。

乳がんや乳腺症は症状が似ていますが、生理周期の乳房の痛みだけであれば乳腺症がほとんどと言われていまが、まずは病院で乳がんか乳腺症かをきちんと診断してもらいことが大変重要になります。


 

症状
乳腺症の痛みの症状治療法
治療法
乳腺症の食事療法と漢方薬
検査
乳腺症と乳がんの主な検査

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

乳腺症の痛みの原因と症状 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加