×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳腺症の食事療法と漢方薬

乳腺症の痛みは人によって感じかたが違い、乳腺にしこりなどが現れる場合も、あり乳がんとの関係も深いとされています。

乳腺症の痛みがひどい場合は、病院での検査をへて乳がんではにことがわかった時点で、薬を処方してもらえますが、一部では処方する薬によって太ってしまったり、肝臓に負担をかけてしまったり、血栓ができてしまったりなどもあるみたいです。
なので、一時的な痛みであれば、食事療法や漢方薬でもよいとされています。

乳腺症の食事療法としては、主に砂糖やアルコール、脂肪、カフェインなどを制限することになります。
漢方薬では主に、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遥散、女神散などになります。

痛みが激しい場合は、病院での処方される薬が一番ですが、乳がんの疑いもなく生理時期の一時的なわずかな痛みであれば、食事や漢方薬を続けることで、痛みの症状も徐々に軽減していくので、食事や漢方薬などで長く続けられれば効果は持続することができるとされているみたいです。
詳しくは病院の指導を良く聞くことが大切でもあります。



 

症状
乳腺症の痛みの症状治療法
治療法
乳腺症の食事療法と漢方薬
検査
乳腺症と乳がんの主な検査

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

乳腺症の痛みの原因と症状 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加